キレイな花嫁 ウェディングドレス姿の女性
花嫁

近年の披露宴の動向としては、レストランウェディングが主流となってきています。
儀礼的なものを無くし、親しい親族や仲の良い友人と気楽に楽しめるところがレストランウェディングの良いところでしょう。

一方、ホテルの披露宴会場に比べて、レストランの会場はやはり手狭なため、呼びたい友人を全員呼ぶことが出来ないという問題もあります。
しかし、二次会を開けばこの問題も解決できます。
この場合、二次会から参加してもらうゲストのためにも、二次会でもウェディングドレスを着ることをおすすめします。
二次会はゲストが悪ノリする可能性も考えて、レンタルの場合はクリーニング費用についても確認しておきましょう。

白い花

江戸時代から戦前くらいの日本には、祝言というお披露目の会はありましたが、結婚式はありませんでした。
明治の中ごろに皇族の方々が神前式を行い始めたのが結婚式の始まりとなり、一般市民にも普及するようになりました。

1964年の東京オリンピックを機に、東京には大きなホテルが建てられることになり、ホテルで結婚式を挙げられることが多くなりました。
その後、高度経済成長期には、大型の専門結婚式場などがチェーン展開され、このころから結婚式は華やかさをまし、ドレスを着たりするようになり、結婚式もウェディングと呼ばれることが多くなりました。
バブル期を迎えると、経済的な余裕からウェディングも豪華になり、披露宴に加えて、二次会が開催されることも多くなりました。

ドレスの裾

ウェディングに関わる費用は、挙式と披露宴合わせて平均360万円程度という調査結果があります。
演出にこだわる方も増え、平均よりも費用をかけている割合も高いです。
ウェディングドレスはレンタルする方が多いですが、1着当たりのレンタル費用は20万円以上が目安です。

お色直しなどで、何着ドレスを着替えるかによっても、レンタルにかかる総額は異なります。
披露宴の後に、親しい友人などが集まる二次会は、会費制で行うのが一般的です。
自分が出席した二次会の会費も参考に、相場よりもゲストの負担が軽くなるように設定するのがマナーです。

窓際に立つ

結婚を決めた2人にとってお祝いをすることは大切であり、これからの生活に向けて様々な段取りを計画していきながら自分達の幸せに向けて準備を進めていきます。
一番最大のイベントは結婚式であり、結婚式ではウェディングドレスを着るので試着をしていきながら自分に合うものを決定していきます。
その他にカラードレスもお色直しとして着ることになるため、あわせて試着をしていきます。

ウェディングドレスの類似であるカラードレスについては様々なカラーが準備されています。
二次会で使用することもあるので自分に合うようなものを選択することが必要です。

新婦

ウェディングドレスを選ぶ時には結婚式をする会場のプランナーや衣装担当と打ち合わせをしてレンタルをするのが一般的です。
ヘアメイクで使うアイテムを持ち込みする人もいますが持ち込み料が発生する場合もあるので事前に衣装担当に相談してみた方がよいです。

披露宴では新郎新婦は料理が食べれない事が多いので、終了後に改めて温かい料理やデザートを出してくれるサービスもあります。
披露宴が終わり二次会に行く時にもドレスをレンタルしてくれる業者があります。
二次会用で髪型を変えたい時にはサービスで変えてくれる場合もあります。